やらない方が良いニキビケアまとめ

やらない方が良いニキビケアまとめ

ダメな理由から理解していくニキビケア対策


良くある、ニキビ対策で、こうすれば良いという選択肢は無数にあります。
ですが、まず最初は、絶対にやらない方が良いというニキビケアの方法を先に知ることが絶対条件ではないでしょうか??

 

そこで、わかりやすくまとめて見ました。
そこからニキビ予防の知識や、良い化粧品での対策などのステップへ進んでもらいたいと思います。

赤いニキビは潰してはいけません

ニキビにもいろいろありますが、白いものや黒いもの、赤く腫れて痛いものや痒いものがありますよね。
この中でも赤く腫れたニキビに対しても絶対にやってはいけないことがあるんです。
それはニキビを潰すことです。

 

 


顔に赤いニキビができているとどうしても気になって触ったり引きちぎったりしたくなる気持ちはわかりますが後々のことを考えてやめましょう。
逆に白いニキビや黒いニキビは皮脂が詰まっただけの状態なので正しい方法で潰して中にたまった膿を出しきってしまう方が跡も残らずきれいに早く治ります。
人間に備わっている自然治癒力で後も残らず元の肌に戻ります。
一方赤いニキビはアクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態なんです。
潰すだけではなく触ったりするのもNGです。
赤いニキビを潰してしまうとその部分の皮膚の細胞が破壊されてニキビ跡になったり、色素沈着になったりする可能性が非常に高くなるんです。
もし赤いニキビができてしまったら市販のニキビ用の塗り薬を優しく塗って触らずにそおっとしておくか、皮膚科へ行って薬を処方してもらいましょう。

【絶対ダメ】ニキビを潰すと跡が残りやすくなるのでやってはいけない

 

ニキビができると気になってしまい潰してしまうことも多くあります。
ですがこのように潰してしまうとニキビ跡が残りやすくなり、跡が消えるまで長期間を要してしまうことにもなりかねません。

 

実際に私自身学生時代にニキビを潰すことが多く、社会人になってからもしばらくの間ニキビ跡が目立つようになってしまったことがありました。
適切に治療をしないと繰り返しニキビができてしまったり跡が残ってしまうとわかってはいたものの、ニキビができるたびに気になってしまい気づいたときには潰してしまっているということが多くありました。
ニキビ治療薬も使用していましたが、潰した方が治りが早いような気もしていたので、あまり深く考えずに行うことも少なくはありませんでした。
ですがしばらく絶ってもニキビ跡が残ってしまうようになってしまったので、とても大きな後悔をすることもありました。

 

ニキビは適切に治療を行って、決して潰してしまってはいけないものと理解をしました。
ニキビ跡が残ってしまうと基礎化粧品を使用してもなかなか綺麗な肌にすることができません。
美しい肌を保つためにも潰さずに治していくことをおすすめします。

 

最初にニキビを潰してしまったことに後悔しています。【管理人体験】

 

私はニキビがとてもできやすい肌質です。。おかげで現在30代前半ですが過去にできたニキビ痕がひどくて、お世辞にもキレイな肌とはいえません、。特に顎の周りがブツブツしていてヒドイです、。

 

私がやってしまったニキビケアの失敗は、ニキビをつぶしたことだと思っています。
やっぱりニキビがあると痛いですし、どうにかして消えてほしい!と思い、つい鏡を見ながら潰してしまっていた
んです、、。

 

潰すと中から膿のような油の塊が出てくるので、これが一安心・・と思うのですが、一回
潰してしまったところは、なかなか治ることがなく、どんどん色素沈着していきました、。

 

ひどく大きいニキビだったところは、今でも痕が残っています。
潰したとことだけクレーターのようになってしまった箇所もありますし、色素沈着のダブルパンチで
とても汚いです、。本当に後悔しています。

 

特に顎などはちょっと皮膚も硬いせいか、治りが遅いと思います、。
なので、顔の中で一番ニキビ痕が残って、醜くなっているのが顎です。
カバー力のあるファンデーションはかかせません、。

 

本当にニキビをつぶしてしまったことに後悔しています。

2014/07/14 15:42:14 |

もう中年といわれる年ですが、ときどき、吹き出物などができ、そのたびに憂鬱になってしまいます。そして、ニキビができないように、まずは、食生活などから気をつけるようにしています。それでも、ときどき、ニキビができてしまうんですが、そのような時には、ニキビに効果があるといわれる化粧水をつけたりしています。

 


 さて、ニキビに効果があるといわれるコスメ用品はいろいろとあると思いますが、自分の年齢にあっていないものを使うと、逆効果になってしまうときいたことがあります。特に、わたしのような中年の人が、若い人向けのニキビケア用品を使うと、刺激が強すぎて、かえって肌を荒らしてしまい、肌の状態が悪くなってしまうそうです。また、ニキビの原因も、若い人と中年の人では異なるので、ニキビ予防をうたっているコスメも注意して選んだほうがよいそうです。

 

 

 こういうことをきいたことがあるので、できてしまったニキビが気になっているときも、即効性がありそうな、若い人向けのものは避けています。そして、穏やかな化粧水を使って、肌をいたわるようにしています。

2014/07/14 15:40:14 |

 

お菓子などの高カロリーなものも控える、
なんて話はよく聞きますが、それに加えてニキビが出来やすいときはお酒などのアルコールも
厳禁です。

一般的にニキビが出来やすい状況というのはお肌が乾燥していたり、逆に油性肌でベタベタして
毛穴に汚れが詰まっていたり、と顔部分の問題だとされることが多いのですが、
食べ物が原因で二キビが出る場合も多いです。

 

例えばチョコレートを食べすぎるとニキビが出る、なんて方もいますし、
摂取する食べ物に左右されることも多いです。
それと同じようにアルコールの摂り過ぎでニキビが出やすくなっている方もいます。
なぜならニキビが出来やすい時というのは内臓系が弱っているサインでもあるからです。

 

特に口元にニキビができている場合、胃や腸などの消化器官が弱っていることもあり、
そんなときに負担をかけやすいアルコールを摂取すると、ニキビが悪化する場合があります。
またお酒などの場合糖分が多く含まれているということもあり、気づかないうちに糖分を
摂取している、という部分もニキビの原因となっています。

 

休肝日、という言葉もあるとおり、体のためにもお肌のためにも、
アルコールを控えて体を休ませてあげることも必要です。